彼女と喧嘩をして暴力を振るった事が原因で別れた場合の復縁の可能性

彼女と喧嘩をして暴力を振るったことが原因で別れた場合の復縁の可能性

質問

彼女と喧嘩をしてつい暴力を振るってしまい、これが原因で破局を迎えました。自分が悪いということはわかっているのですが、元カノと寄りを戻せる可能性はありますか?

 

回答

復縁したいという依頼をしてくる人の多くは浮気が原因で別れたというケースですが、なかには暴力が原因であるというケースもあります。しかも暴力を振るった男性のほうから自分の非を改めて復縁したいと依頼をしてくるケースが多く、暴力を振るわれた女性側から復縁を依頼するケースはほぼありません。

 

このように暴力を原因として別れた場合は復縁可能なのかということについてですが、これは暴力を振るった度合いによって結果が決まります。

 

暴力の原因が喧嘩であることが多いのですが、たとえ口喧嘩であったとしても、恋人の大切な身内、親族、友人にまで影響するような喧嘩であった場合は、かなりの大きな精神的な損害を与えるリスクがありますので復縁は困難を極めるでしょう。また相手を殴る蹴るという肉体的にダメージを与えるような暴力であった場合は、さらに復縁の可能性は難化します。結局のところ、どの程度まで相手に損害を与えたかというレベルによって復縁の可能性が決定づけらます

 

たとえ今後二度と暴力は振るわないと誠意を込めて謝罪をしたとしても、一度大きなダメージを受けた側にとっては、なかなかそのダメージというのは癒されません。ですので暴力を振るう本人が、いかにして暴力を抑制できるかというところに復縁の可能性がかかっているといっても過言ではありません。

 

暴力を抑制するためには、なぜ暴力を振るってしまったのかという原因分析が必要です。怒りっぽい性格なのであれば、まずこれを改善しなければなりませんし、お酒が入ると暴力を振るう性格なのであればお酒を飲まないように配慮をする等、対策が必要です。

 

暴力癖を抑制するにも相当な時間がかかることが予想されますので、元カノと寄りを戻して復縁する方法を真剣に検討して復縁をしたいと思うのであれば、それなりの忍耐力が必要になるということは確かです。