暴力癖の原因がアルコールである場合、元カノと寄りを戻せる可能性

暴力癖の原因がアルコールである場合、元カノと寄りを戻せる可能性

質問

私は普段は温厚な性格なのですが、アルコールを飲むと暴力を振るう性格に急変してしまいます。これが原因で彼女に振られてしまったのですが、何とかして元カノと寄りを戻して復縁する方法はありませんか?

 

回答

男性が女性にフラれるケースとして、とても多いのが暴力です。とくに怒りっぽい性格の男性の場合は、些細なことであっても頭に血が上って、つい暴力を振るってしまい、彼女を恐怖のどん底に突き落としてしまったというケースが後を絶ちません。

 

ただどんな言葉を投げかけると彼は怒るのか、どんな態度をとると怒るのか、という怒りのポイントを正確に把握しておかなければ暴力というのはなかなか改善されません。しかしこの怒りのポイントさえ抑えてしまえば男性側も、こんな言葉を投げかけられたから頭に血が上ってしまったと、後で自分の行動を反省することができるようになります。ですので女性側も、その怒りのポイントに触れないようにうまく言葉を選んだり、言動を慎むことによって暴力を回避することができます。

 

ちなみにアルコールが入ると暴力を振るうというケースは対処法が異なります。このケースは、完全にアルコールが原因ですのでアルコールを飲まないように配慮しておけば暴力の心配は無用です。とくに酔っている状況では、男性本人が、暴力を振るったことさえ記憶にないということはよくある話です。

 

もしアルコール好きの男性が彼氏であった場合はできるだけアルコールに手を出さないように工夫をするようにしましょう。なおアルコールと暴力が原因で彼女に振られてしまったのであれば、今後アルコールは一滴も飲まないという誠意を込めて謝罪をする事が元カノと寄りを戻して復縁する方法の鉄則といえます。