元カノと寄りを戻す可能性をアップさせる自分の気持ちの伝え方

元カノと寄りを戻す可能性をアップさせる自分の気持ちの伝え方

別れた元カノと寄りを戻したいという気持ちが強ければ強いほど、自分の本心を相手に伝えたいという気持ちが募るかと思います。もし、元カノに新しい恋人がいないということがわかり、しかも自分は嫌われているわけではないということが判明したとします。

 

これなら元カノと復縁できる可能性が期待できるという状況になったら、自分の本心を伝えるというベストタイミングが到来したといえます。ただ、自分から直接本心を伝えるというのには抵抗があるという人もいらっしゃるかと思います。ですので、ひとまず、他人の力を借りて、元カノと寄りを戻して復縁したいという旨のメッセージを伝えるという方法が無難です。

 

例えば、借金が酷いという原因で別れた場合、復縁するためには、自分が借金を返済したという事を相手に知らせて、それを受け入れてもらう必要があります。ただ自分からそのように伝えても、相手は信じてくれないという可能性があります。

 

そこで、第三者の力を借りるのです。例えば、友人に「借金を返済するために、1年間も朝から晩まで仕事をして、借金返済計画までたてて、完済したというのにはビックリした。どうしてもあなたと復縁したいという思いで頑張ったらしいよ」という具合に元カノに伝えるというのが元カノと元サヤに戻る方法としてかなり効果的
です。

 

きっと、このような話を聞いた元恋人は、自分と復縁をしたいがために、ここまで努力をしていることを知って、心が動く可能性があるからです。ですので本人が主張しても信憑性が薄いと思われる事項については、他人の力を借りるという方法が大きな効果を発揮します。

 

自分に非があって元カノと別れてしまった場合であっても復縁をするためには、まず復縁できる可能性を第三者の力を借りるということが効果的です。例えば自分の非を深く反省していて、改善する努力を必死でしているということが元カノに伝われば、かなり復縁できる可能性は高まります。そして元カノの心が動き始めたというタイミングを見計らって復縁に迫るというのが理想です。

 

この時期にさしかかったら、自分の本心を元カノに伝える準備をしておくべきです。その時のポイントは、元カノを失ったことを深く後悔しているということを上手く伝えることです。例えば、せっかくのクリスマスなのに、朝から晩まで仕事をしている、合コンのチャンスがあっても、いつもお断りしているという具合に元カノがいない生活がとても辛いという心境を伝えるのがポイントです。

 

ですので直接自分はとても辛い日々を送っているとダイレクトに伝えるより、辛い日々を連想させるような境遇をそれとなく伝えるのが効果的です。さらに昔恋人同士でよく訪れたスポットの話しなどを織り交ぜることにより、過去の思い出を蘇らせるような工夫をするというのが非常に有効な方法です。

 

もしかすると、このような演出によって、元カノは思い出を懐かしみ、あなたの近況を知りたいという感情が湧き出してくる可能性があります。この状態になれば、元カノと寄りを戻して復縁できる可能性はかなり期待できるといっても過言ではありません。