元カノに振られた場合と振った場合での復縁の可能性の違い

元カノに振られた場合と振った場合での復縁の可能性の違い

男性からの復縁依頼でとくに多い事例というのがあります。それは、結婚を先延ばしにしたことが原因で彼女が去っていってしまったというケースです。

 

彼女とは結婚を考えるほど真剣に交際をしていたのですが、プロポーズするかどうか迷っているうちに、振られてしまったというのはよくあるパターンです。特に結婚願望の強い彼女であればプロポーズをいつしてくれるのかと待ち焦がれているのに、なかなかプロポーズしてこない彼に嫌気がさして振ってしまうのです。男性側にとってみると、いますぐ結婚するのは抵抗がある、まだ早い、経済的に厳しいなど、理由は様々だと思います。

 

しかしいざ彼女と別れてみると、いかに元カノの存在が大切であったかを痛感し、復縁を真剣に願うという方が今まで多くいらっしゃいました。ただ去っていってしまった彼女がすでに別の彼氏と結婚してしまったという状況であると復縁は困難を極めますが、まだ結婚まで至っていないのであればまだ復縁の可能性はあります。

 

その場合は、新しい彼氏とどのくらい親密な関係にあるのかというところをしっかりとチェックする必要があり、これが元カノと寄りを戻して復縁する方法の鉄則です。これらのケースは振られた場合の復縁のケースですが、自分から元カノを振った場合というのは、極めて復縁の可能性は低いですので要注意です。

 

自分から元カノを振っておいて、いまさら復縁なんてゴメンですといわれて逆にフラれる可能性が高いです。ただ、元カノも新しい彼氏が見つからない場合や、あなたに惚れ込んでいる場合は可能性はありますので、諦める必要ありません。