離婚したにも関わらず不倫相手の女性と復縁したい場合の対処法

離婚したにも関わらず不倫相手の女性と復縁したい場合の対処法

既婚男性にとって、せっかくうまく不倫をしていたにもかかわらず、奥さんにバレて別れさせられたという事はよくある話です。妻にバレてしまったのであれば、もはや弁解の余地はなく、愛人と別れて、ひたすら謝罪をするというのが元サヤに戻る方法の典型パターンです。

 

そうしてようやくもとの平和な夫婦生活がもどるのですが、しばらくすると、やはりまた愛人の存在が頭のなかにチラついてしまって何とか妻にバレないように不倫をする作戦で頭をひねったりするものです。すなわち妻より不倫相手と復縁したいという願望の方が強いというケースです。

 

愛人側としても、とりあえず妻を落ち着かせるために仕方なく別れたというのが本音であり、別れたくて別れたわけではないのです。だから愛人から再度不倫を迫られると、なかなか断れずにズルズルはまってしまうのです。ちなみにこの手のパターンで不倫を何度も継続させようとする男性は、ある程度時間と経済的にゆとりがある人が多いようです。その時の不倫を再度継続させるときに手口として「あなたと別れたくて別れたわけではないんだ」という手口で迫っていきます。

 

確かに都合の良すぎる手口ですが、愛人としてもこんなことを言われるとつい、OKしてしまったりするものです。また不倫をする女性というのは、不倫相手の男性を経済力に目をつけて選ぶ傾向にあるので、ある程度のステータスにある男性で経済的に豊かであれば、高い確率で不倫を目当てとして復縁が成立する可能性が高いといえます。

 

ここで不倫相手と復縁の可能性のチェックリストを用意しましたので是非実践してみてください。

 

・定刻に終わる仕事で時間にゆとりがある
・人間観の修羅場はいつもうまく逃げてきた
・洋服は妻の好みで選んでいる
・家計を妻に完全丸投げしている
・自分で使えるお金はほとんど無い
・妻が他の男に取られることは許容しがたい
・熱しやすく冷めやすい
・ギャンブルには興味がない

・男は見た目より中身だと思っている

 

いかがでしたか?もし7つ以上該当するようであれば妻の支配下にあるという理由で、愛人との復縁はほぼ無理だといっても過言ではありません。しかし3つ未満であれば、あなたは比較的経済的、精神的、時間的に自由な身分なので、誠意次第では愛人と復縁することは可能です。