ステップ3:会うための口実作りの為に偶然を装った復縁工作のコツ

元カノに偶然を装って偶然の出会いを装い復縁を狙う時のコツ

元カノと寄りを戻して復縁する方法の3ステップ目は会うための口実作りです。いきなりですが質問です。偶然の出会いという言葉を聞いてどのような印象をうけましたか?何となく運命に近いような感じがしたことがもしかしたらあるかもしれません。

 

偶然の出会いというのは、元カノと寄りを戻して復縁する方法として絶大な効果を持っています。ただ偶然の出会いというのは運に任せるものではないということに注意が必要です。実は、偶然の出会いというのは、ひたすら降りかかってくるのを待つのではなく、意図的に作り上げるというのが正解です。すなわち元カノと再会するシーンを復縁工作によって演出するということです。

 

方法というのは様々ありますが、過去に実際に復縁に有効であった再会のシーンの演出についてここで紹介したいと思います。例えば、仕事帰りに偶然を装って再会をするという方法です。元カノの仕事へのルートを突き止めて、何時何分のどの車両に乗るということまで把握してしまえば、近くの車両で待ち伏せしていて電車から降りたところを狙ってバッタリと対面するという方法です。

 

さらに効果的な方法は、昔よく行った行きつけのお店で再会を果たすという方法です。例えば元カノが、いまだにかつて通った喫茶店に頻繁に通っていることが把握できたのであればチャンスです。もしバッタリと対面したときは「もしかしたらあなたと再会できるかもしれないと思って、このお店に立ち寄ってみたんだ」という感じで偶然を装うと運命を感じるはずです。

 

私がかつて復縁相談を受けたときに、実際にうまく行った事例を紹介します。恋人時代に良く通っていたワイン専門店の店長を利用した方法です。こんな感じの会話をしたそうです。

 

「昔良く通ったワインバー覚えてる?この前偶然近くまで来たので、立ち寄ってみたら、店長がきちんと覚えていてくれて最近、みかけなくなったけど元気にしてる?また恋人と一緒にたまにはお店に遊びに来てよ」という感じの内容になったのでした。これを元カノが聞くと、昔の思い出が蘇ってくるはずです。すると、「久しぶりに立ち寄ってみたくなっちゃった!」という感じの会話になる可能性は高いです。こうなったら、「店長にご挨拶に行ってみよう」と一緒にお店に行く口実ができます。

 

ですので、直接「あなたに会いたい」というダイレクトな接近方法よりも、会う口実を作って、その目的を達成するために一緒に行こうという方法を取れば復縁の成功率はグッとアップします。これはワインショップの店長を恋のキューピット役にして復縁が成功した事例です。

 

また食事会を開催して、事前に作戦を立てて別れた二人を引き合わせるという方法も有効です。例えば、「今日参加するメンバーで、別れた恋人とどうしても復縁したくて相当悩んでいる子がいるんだけど、とても素敵な子なの」という感じで大きく期待させておきましょう。そしていざ食事会が始まって、その恋人が、なんと元カノだったということにお互いが気付いたら、ドラマチックです。

 

こんな感じで偶然の再会というのは意図的に作りあげるという方法を是非お試しください。